お通夜へ行った場合、亡くなられたヒトの遺族や親せきは、

お葬式の段取りなどで忙しくしている。
またお通夜もお葬式も、亡くなられた直ちに執り行われる式事だ。

そのため遺族や親族は、かなしいというパワーがありながらも、そのやる気を抑え込んでいる。
長居をしたりせずに、お悔やみを伝えたら早いうちに帰るようにしましょう。

お通夜の後には、通夜ことがあります。
通夜ことというのは、お通夜に来ていただいた皆様について、
お酒や食べ物をふるまうことです。
これは遺族や親族からの、お通夜に出席していただいた皆様にたいしての、歓喜の気持ちです。

もしも通夜ことに招かれることがあれば、ぜひ出席するようにしましょう。
そうして親族や遺族、また親しかった身の回りや友人の各国って、亡くなられた皆様のおみやげツイートなどをください。

なんとなくスタイルが悪くても、通夜ことは断らないのが礼節だ。
ほんの少しでもいいので、食べ物に手をつけましょう。http://www.xn--2017-zk9g403cor4c.com

お通夜へ行った場合、亡くなられたヒトの遺族や親せきは、